事務職転職に有効で知名度の高い「日商簿記検定」を取得しよう

事務職の転職に有利になると言われている資格に「日商簿記検定」があります。
資格は持っていなくても、その名称は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

これは国家資格ではありませんが、公的資格という位置付け。
民間資格の中には取得にあまり意味がないものも多くありますが、国家資格ではないにしても、この簿記検定は公的な認定を受けているため、資格としての知名度や有効度は非常に高いものとなっています。
認定団体は日本商工会議所及び各地商工会議所です。

事務職への転職に有利となるのは2級以上

日商簿記検定は、初級、3級、2級、1級のレベルに分かれています。
初級では簿記の基本中の基本を学びます。3級も基礎知識を学ぶことができますが、経理に関する知識を取得し、比較的小さな企業の事務作業に貢献することができるスキルを身につけられます。

2級になると経営管理に関する知識を身につけることが可能。
財務を扱う人にとっては重要な資格となるでしょう。
財務諸表などを読み取ることができるようになるため、企業の経営状態の把握にも役立てることができます。

1級は、公認会計士などの国家資格を目指す人に求められるレベル。
取得すれば簿記や会計に関する非常に高度な知識を得たことが証明され、経営管理はもちろん経営分析にも役立てることができます。

合格することで、これも国家資格である税理士の試験を受けることが可能となるのが、この1級レベルです。
事務職への転職に有利となるのは2級以上と言われており、初級と3級のみでは大きなアピールとはなりません。

ただ、そもそもこの日商簿記検定は事務職に就くために必ず必要な資格であるわけではなく、特に大企業などへの転職を目指しているわけでなければ、応募資格として求人情報に記載されていることもほとんどないでしょう。

事務職でキャリアアップをするなら必須の資格

それでも、事務未経験者であれば目指してもらいたい資格であることは間違いありません。
キャリアアップを事務職で、と考えているのであれば必須の資格となります。
「日商簿記検定有資格者優遇」などと記載されている求人情報もまったくないわけではないため、応募先の選択肢を広げるためにも取得しておいた方がいいでしょう。

試験そのものは1年に3度行われるので、比較的取得しやすいはず。
また、事務職の転職に有利と言われている2級以上の試験に最初からチャレンジすることが可能。
勉強に勤しめば短期間で資格の取得が目指せます。
もちろん独学でも試験を受けることができますし、合格することも難しくはありません。

  • 1